ナイキ エピック リアクト

P1-MB.png

ランをどこまでも楽しくするために 新しくなった ナイキ エピック リアクト フライニット2。 抜群の柔らかさと驚くほどの弾力で、 快適な履き心地が走る限りずっと続く。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_05.jpg

柔軟性とエネルギーリターン率がアップ ナイキ ルナエピック LOW フライニット 2は柔らかさ が際立ったシューズだが、ナイキ エピック リアクトは それよりさらに柔らかい。数字で表すと11%も 柔軟性がアップ。さらにルナエピックの Lunarlonフォームと比べると、Nike Reactフォームの 弾力性は13%上昇した。ページ上部に表示される ナイキ エピック リアクト 2は、このフォームを搭載した 最新のランニングシューズだ。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_06.jpg

軽量化 ナイキ エピック リアクトは、 ナイキ ルナエピック LOW フライニット 2に比べて 5%の軽量化を達成。クッション性能の高さを誇る シューズの中でも、最軽量モデルの一つだ。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_07.jpg

耐久性がアップ テスターに、走行距離500マイル以上の リアクトを履いてランニングをしてもらった。 終了後、これが何マイル走ったシューズだと 思ったか聞いてみた。返ってきた答えのうち 最高値は100マイル。最低値は「新品」。 平均値は約15マイルだった。 これがNikeの考える「耐久性」だ。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_04.jpg

フォームの開発

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_13.jpg

柔軟性、弾力性、耐久性を高め、
さらに軽くなったクッショニングの誕生秘話。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_14.jpg

最高のイノベーションは、アスリートの意見に 耳を傾けることから生まれる。 アスリートにクッショニングの改善点を尋ねたところ、 その答えは「すべて」というシンプルなものだった。 そこからNikeの挑戦が始まった。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_16.jpg

Nikeの化学者たちは、新しい素材と設計方式のテストに 3年を費やした。400種類ほどの組み合わせを経て、 たどり着いたのがナイキ リアクトだ。

「まったく新しい素材と、 これまで考えたこともない 流体ジオメトリの組み合わせ。 それがナイキ リアクトをユニークな 存在に押し上げているのです」 アーネスト・キム Nikeデザインイノベーションディレクター

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_18.jpg

ナイキスポーツ研究所(NSRL)が提供した ヒートマップデータに基づき、ナイキ リアクトの 必要な場所と量をデザイナーが決定した。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_20.jpg

独自フォームからシューズに仕上げるため、 Nikeのデザイナーは再びアスリートの動きに注目し、 動作の特徴、方向、スピード、パワーを 徹底的に調査した。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_22.jpg

流体ジオメトリを作成するための数式を用いて、 デザイナーがコンピューターデザインを駆使。 パフォーマンスを向上させるため、 アスリートのデータに一致するソールを形成した。

Prelaunch-Mobile-Nike-React-Innovation_WIP_04.jpg
PDP_1.png

ナイキ エピック リアクト 2 ランニングシューズ

PDP_2.png

ナイキ オデッセイ リアクト 2 ランニングシューズ