履き心地は、あの素足の感覚 シューズやソックスから解放されて、自由に走る。 地面と一体になり、その質感や温度を足裏で感じな がら走る。 その素晴らしい感覚こそが、自然な動き というコンセプト、ひいてはナイキのミッションを 実現するための刺激となりました。目指したのは、 アスリートの足になじみ、地面を感じて走れる シューズ。 さらには、人間に本来備わっている 能力を引き出すシューズです。

P3line_Free.jpg
Flyknit_Innovation_CDP_P4_Desktop.jpg

NIKE FREEを見る あらゆるスポーツやライフスタイルの ニーズに対応する、 最新のナイキ フリーのイノベーションをチェック。

P3_Free_M.jpg

NIKE FREE FOR RUNNING ランニングに 密度が異なる2種類のフォームが 快適なクッショニングを提供し、 滑らかな履き心地を提供。

P4_Free_M.jpg

NIKE FREE FOR TRAINING トレーニングに 快適性とサポート力の完璧なバランスを実現し、 あらゆる方向へ柔軟性を発揮。

P5_Free_M.jpg

NIKE FREE FOR SKATEBOARDING スケートボードに 柔軟性に優れたソールが、 快適で自然な履き心地と抜群の接地感を実現。

P3line_Free.jpg

NIKE FREEの誕生まで ナイキ フリーは、シューズ本来の機能を拡張し、 ミッドソールの製造方法を変革。

P7_Free_M.jpg

素足の持つ強さ 2001年、トビー・ハットフィールド(ナイキの デザイナーで、ティンカー・ハットフィールドの弟) を含むナイキのグループは、スタンフォード大学に 調査に出かけました。そこで、大学のゴルフコースの 芝生の上を素足で走るビン・ラナナ氏の陸上チームの トレーニングを見学。 ラナナ氏は、素足で走るトレー ニングがランナーの足を強くし、パフォーマンスを 向上させるという持論を展開。このアイデアを ヒントに生まれたのが、ナイキ フリーです。

P8_Free_M.jpg

素足を分析 プレッシャーマップやモーションキャプチャなどの 高度なスポーツ科学テクノロジーを使用し、 Nike Sport Research Labの研究者たちは アスリートが素足で芝生の上を走ったときのつま先、 足首、膝、腰の生体力学を分析。ここで得た情報は、 デザイナーがナイキ フリーの最初のモデルを 制作する際の科学的な基盤となりました。

P6_Free_Rule_M.jpg
P10_Flyknit_Nav_A.jpg

NIKEの他のイノベーションを見る 最新のイノベーションが搭載された ナイキの商品をチェック。