CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P1.jpg

フルコートを駆け回れ PG 1 オフェンスからディフェンスへ、ティップオフから ブザーが鳴る瞬間まで。PG1がマルチプレーヤーの 流れるような動きをサポート。 ※ こちらのカラーは完売致しました。

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P2.jpg

PG 1 ポール・ジョージは、どんなポジショニングでも、 どんな状況でも鮮やかなボールさばきで魅了する。 高反発なクッショニング、抜群の安定性、 スタイリッシュでオールラウンドな快適性を搭載した PG1で、コート上のあらゆるゾーンを支配しろ。

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P3.jpg

抜群の安定性 あらゆる方向へのスムーズな動きをもたらす、 前足部のストラップとFLYWIREテクノロジー。

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P4.jpg

この上ない快適性 試合が終わるまで快適な履き心地が続く、 フルインナースリーブとスタイリッシュな ソックライナー。

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P5.jpg

高反発なクッショニング 軽量で高反発なクッショニングを実現し、 アクティブなプレーを可能にする、 薄型のNIKE ZOOM AIR。

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P6.jpg

「快適性と安定性をが気に入ってるんだ。 シューズに足を入れた瞬間から心地良く フィットして、前足部のストラップが さらに安定性を高めてくれる」 ポール・ジョージ

構想 遡ること数年前。ポール・ジョージは、 彼の理想とするシューズのスケッチを手に、 NIKEデザインチームを訪れた。彼のリクエストは、 包み込むようなフィット感、この上ない快適性、 そしてオフコートでも使えるようなユニークな スタイル。 それぞれのディテールを実現すべく 試行錯誤を重ね、ポール・ジョージとNIKEデザイン チームはついに、その構想を形にした。その プロセスにおいて、コート上ででマルチに活躍する 彼の能力をさらに高める、革新的な方法を 発見したのだ。

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P7.jpg

革新的な快適性 ポール・ジョージがハーフサイズの小さなシューズ を履いていたことを知り、NIKEデザインチームは、 彼が求めるフィット感に加え、快適性を備えた シューズの開発に着手した。前足部のストラップ というポール・ジョージオリジナルのコンセプト からスタートし、超軽量で頑丈なFLYWIREケーブル を採用した。細部にまでこだわり、伸縮性と サポート力を両立させた。2メートルを超える スウィングマンが、あらゆる方向へ移動でき、 クイックなストップ&スタートが可能なシューズ でなければならない。 そしてさらにソックライナー を厚くすることで、抜群の快適性を実現した。 NIKEデザイナーのトニー・ハードマンは語る。 「一度足を通せば、すぐに最高の履き心地 ということがわかるだろう」

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P8_mjp.jpg

ジブンだけの一足に コートに立っていないとき、おそらくポール・ ジョージは湖に立ち、釣竿を握っているはずだ。 「この二面性が彼らしい」ハードマンは語る。 ポール・ジョージにとって、趣味や最も有意義な 時間をデザインに落とし込むことが大切だった。 そのためデザインチームは、魚をイメージした アクセント、彼の娘の誕生日、パームデールや インディアナの局番をシューズに追加した。 また、右足には、チタンロッドをイメージした1本の ストライプを配し、2014年の負傷から復帰までの 道のりを表現した。クリーンなスエードには、 有意義な日々を過ごす、彼のオフコートでの スタイルが象徴されている。

CDP_PG1-Flow1_030417_mobile_P9.jpg

PG 1 ※ こちらのカラーは完売致しました。

P9_A.jpg

NIKE BASKETBALLを見る