P1_1028_CDP_LeBron15_mob.png

揺るがない強さを持つ者へ: レブロン 15 最新のBATTLEKNIT素材とパワフルな クッショニングが融合。 爆発力を求めるプレーヤーのための一足が誕生。

P3-Battleknit_CDP-mob.jpg

BATTLEKNIT 伸縮性に優れたサポート力、超軽量な柔軟性、 ホールド感。FLYKNIT素材をレブロンに特化 させることで誕生した、最新のBATTLEKNIT。

P4-Zoom-Max_CDP-mob.jpg

ZOOMとMAXの融合 長きに渡りNIKEのバスケットボールシューズに 採用されてきた、ZOOM AIRとMAX AIRが初めて 融合。パワフルなプレーヤーの激しい着地の 衝撃を和らげ、素早い動きを可能にする。

P5-Sock-Like-Fit_CDP-mob.jpg

ソックスのようなフィット感 足を固定し、ソックスのようなフィット感を もたらすフルインナースリーブ。足首周りを しなやかにサポートし、着脱を容易にする、 伸縮性に優れた履き口。

デザインの舞台裏: レブロン 15 NIKEデザイナーのジェイソン・ペトリーは、 レブロン・ジェームズと共に10年以上にわたり シューズの製作に携わっている。2人の間には、 テレパシーで通じ合う強い絆が築かれている。 レブロンにとって15足目となるシューズの コンセプトを考えたとき、2人の頭には、挑戦的で、 洗練されたモダンなものでありながら、クラシック な雰囲気を持つシューズというアイデアが浮かんだ。 何を定番のまま残し、何を進化させるかという 考えも一致していた。

P6a-BTD-CDP-mob.jpg

レブロン・ジェームズの ためのニット構造 ジェイソンと彼のチームが見せたFLYKNITの初期 モデルを気に入っていたレブロン。しかし、120キロ 近い体重の持ち主は、このシューズでは自分を 支えられないと感じていた。彼にはもっと頑丈な シューズが必要だ。NIKEのニットイノベーション チームは、これまでとまったく違う方法での素材の 編みにチャレンジを開始。レブロンの足をしっかりと 固定しながらも、自由に動き、必要なタイミングで 力を発揮できるシューズを目指した。そこから誕生 したのがBATTLEKNITだ。「シューズの部分ごとに、 保護力、伸縮性、機能性が調整できる方法を開発 した」ジェイソンは説明する。「1足にすべての 機能が備わっているよ」

P6b-BTD-CDP-mob.jpg

2つのクッショニングを融合 レブロン 15には、MAX AIRとNIKE ZOOM AIRを 組み合わせた最新のクッショニングシステムも搭載。 レブロン・ジェームズのような爆発的な力を発揮 するプレーヤーにさらなる力を与える。「レブロン はMAX AIRの大ファンだからね」ジェイソンは語る。 2つを組み合わせることで全速力での走りとジャンプ が可能になっただけでなく、激しい着地時に衝撃が 吸収され、すぐに別方向にダッシュすることができる ようになった。そして、シューズを履いて踏み出す 一歩一歩が、レブロンを前へと押し出す。「ZOOM AIRの特長をすべて生かしながら、MAX AIRの 快適性も備えたシューズなんだ」

P9_A.jpg

NIKE BASKETBALLを見る